×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  鍋島 直昶nabeshima naoteru 本文へジャンプ
jazz vibraphone 
nabeshima naoteru

official website
 nabeshima naoteru


ご挨拶
JAZZ ファンの皆様、鍋島直昶のホームページにようこそ。私も時代の波に乗り遅れ無いよう、老骨に鞭打ってやっとホームページを開く事が出来ました。

冒頭に、傘寿のパーティ来られた方には改めて厚く御礼申し上げます。

私も JAZZ の道に入って50有余年、他界された諸先輩も含め、沢山の方に支えられながら、今まで JAZZ を続けて来られた事に心から感謝致しております。
2005年12月


2006年1月ジャズとの接点
昔、和田 肇さんと云う JAZZ ピアニスト(俳優、和田浩二の父)が居られました。勿論テレビも無い時代の事です。日支事変も真っ最中でしたが、ラジオから毎日夕方5時55分からニュースが放送される6時までの5分間ピアノソロで JAZZ が流れていました。JAZZ とは云っても今の様なジャズではなく、旅愁、浜辺の歌、米国とは未だ戦争をしていなかったので、フォスターの曲もありました。中には軍歌まで軽いジャズのタッチにアレンジされていました。当時中学2年生の私は5時50分になると、ラジオの前に座って始まるのを待って、たった5分間ですが夢中で聞き入り、終わると直ぐピアノに向って耳に残った音を探って弾くのが習慣になったのをはっきり覚えています。これが僕のジャズとの接点だと思っています。今になって考えると和田 肇さんの気持ちが痛いほど判って涙さえ出てきます。

ホームページを通じて、僕の若い頃の事面白い事をお話していこうと思っています。
お楽しみに!!!!
    Copyright (C) 2010 nabeshima naoteru. All Rights Reserved.